パソコン・IT習得

ウズウズカレッジでCCNA取得!最短1か月で『インフラエンジニア』

ウズウズカレッジバナー

長引く不況や新型コロナの影響で未経験者のニーズが冷え込むなか、不況に強く将来性もある職種があります。

今からIT業界を目指す若いあなたには、「インフラエンジニア」が断然オススメ。

個別型ITスクール「ウズウズカレッジ」では、インフラエンジニアへの登竜門CCNAの資格取得に特化したコースがあり、希望すれば、受講後の就職・転職のサポートもしてもらえます。

講義はすべてオンライン。地方在住の方も自宅に居ながら自分のペースでの学習が可能。

それでは、ウズウズカレッジ自慢の「CCNA資格取得コース」の内容をご紹介していきますね。

そんなのもう知ってるよ!という方は、個別相談会に申し込んでみてください。相談は無料なので、「電話で問い合わせる」ような感覚で気軽に申し込んでみましょう。

『ウズウズカレッジ』と『インフラエンジニア』

「ウズウズカレッジ」は、インフラエンジニアへの登竜門である「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」の資格取得だけではなく、その先にある就職、転職までサポートしてくれる個別指導型ITスクールです。

講義や面談はすべてWeb会議システム「Zoom」を利用して行われるため、全国どこからでも受講が可能で、通学する必要はありません。

アリス
アリス
ウズウズカレッジはIT業界への就職、転職志望者の強い味方。ブラック企業を紹介されることなく安心です!
うさぎさん
うさぎさん
ウズウズカレッジには卒業生たちからの貴重な情報がたくさんストックされているので助かるよね。

新卒でブラック企業に入社し、その後ニートやフリーターになってしまった人にも、イチオシのオンラインITスクールです。

講師の中には、同じような挫折を経験した人もいるので、資格取得に関することだけではなく、どのようなことでも相談に乗ってもらえます。

ウズウズカレッジは未経験者や文系の人も大歓迎のITスクールですが、どのような仕事にも向き不向きがあります。

CCNAの資格を取得したり、インフラエンジニアとして独り立ちするのは、現状難しいと思われる人には、最初に教えてくれるそうなので、無料個別相談会だけでも気軽に参加してみましょう。

インフラエンジニアには向いていないことがわかったとしても、経験豊かなウズウズカレッジのスタッフと話すことで、何か新しい発見があるかもしれませんよ。

ウズウズカレッジで取得できる「CCNA」ってどんな資格?

CCNA取得でインフラエンジニアへ

「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、アメリカの世界的なネットワーク関連機器メーカー「シスコシステムズ(Cisco Systems)社」が認定するインフラエンジニアの登竜門とされる専門資格。

日本のみならず世界でも通用する資格のため、就職、転職の際の強力なアピール材料となります。

とくに過去の実績を提示しにくい「未経験者」にとっては、ぜひとも取得しておきたい資格ですよね。

長引く不況下であっても慢性的に人材が不足している「ネットワークエンジニア」。しかもCCNAのホルダーともなれば、企業もあなたに一目置きます

CCNAの資格試験は、ネットワークに関する基礎的な問題だけではなく、仮想環境でシスコシステムズ社のルーターやスイッチを設定する問題も出題されますので、独学ではどうしても時間がかかってしまいます。

また、生き馬の目を抜くIT業界。常に最新の傾向と対策をアップデートしておかなければなりません。

ウズウズカレッジでは、CCNAの資格取得に特化したコースが選択できるので、効率よく、最短の道のりで、インフラエンジニアへとたどり着けます。

ウズウズカレッジイチオシの「CCNA」資格取得は、今が狙い目!

CCNA取得・インフラエンジニア

「インフラエンジニア」という職業は、わたしたちがITサービスを快適に利用するための通信環境を作ったり整備したりするお仕事。

ネットワークやサーバーに精通した専門職で、昨今のAI化、5Gの普及、リモートワークの増加で、ますますニーズが伸びている職業のひとつです。

おもな仕事はネットワークの導入や設定で、トラブルシューティングの能力も求められます。

フリーランスやベンチャー企業で働く「Web系のエンジニア」とは違い、ほとんのど場合が企業での24時間体制の運用保守業務が中心となり、自由度は低め。逆にいえば、安定した職業ということになりますね。

インフラエンジニアは不況にも強く将来性もありますが、まだまだ認知度が低く、需要のわりに人材が不足している状態です。

アリス
アリス
インフラエンジニアは、通信インフラを支える縁の下の力持ち

ウズウズカレッジで1か月(~3か月間)しっかり学習して、ニーズも将来性もあるインフラエンジニアへの登竜門「CCNA」の資格を取りましょう。

CCNAは、90時間ほど集中して取り組めば取得可能だとされる、「初心者向き」のIT資格です。

合格率は非公開ですが、60%前後だといわれています。「1か月で取得」という目標も無謀なチャレンジというわけではありません。

ウズウズカレッジの講師陣が何よりも大切にする「基礎」

ウズウズカレッジの講師陣は、とにかく「基礎」を大切にします。どのような勉強でも、基礎を曖昧にしたまま先に進んでしまえば、どこかの段階で挫折することは目に見えています。

ウズウズカレッジでは、オンラインの個別指導を採用しているため、あなたが「どこに」つまづいているのか一目瞭然。そんなときは、すかさず講師のサポートが入ります。

マンツーマンの教育体制のため、気弱な人でも質問がしやすく、それぞれの学習ペースを維持できます。

アリス
アリス
ウズウズカレッジでは、動画を視聴→演習問題→講師とのメンタリングを繰り返します。この「メンタリングの時間」に疑問点をすべてクリアにすることができます。

基礎さえしっかりとマスターすれば、インターネット上の情報や文献を読むことがたやすくなり、就職後も上司や先輩から渡された設計書や指示書が難なく理解できます。

CCNAの資格を1か月(~3か月)で取得した後は、上位のCCNP(Cisco Certified Network Professional)やCCIE(Cisco Certified Internetwork Expert)の資格取得も視野に入ります。

CCNPやCCIEは3~5年以上の実務経験が必要となる資格ですが、ウズウズカレッジで学習のコツさえつかめば、夢ではありません。

ウズウズカレッジでCCNAに合格するための学習カリキュラムは?

ウズウズカレッジ学習カリキュラム

1週目は基礎固め、2週目で全体把握、3週目でCCNAの試験合格に直結する「ルーティング」や「スイッチング」を学びます。

そして4週目にはCCNAの試験に合格するための実力をつけ、最後に模擬試験を行います。

早い人なら、約1か月間でCCNAに合格するための実力が身につきますが、なかには土日くらいしかまとまった時間の取れない多忙な受講生もいるでしょう。

ウズウズカレッジでは、最長3か月で120時間の全カリキュラムを消化することも可能です。追加料金は必要ありません。

アリス
アリス
サポート期間は、3か月間。その間、手厚いチャットサポート(回数無制限)や個別メンタリング(個別指導/最大12回)を行います。また、受講後も教材の閲覧ができます。

学習と就職はセットであるべきだと考える、人材紹介のエキスパート、ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジでは、CCNAの資格取得と並行して、希望者の就職活動をサポートします。

受講生一人に一人ずつキャリアカウンセラーがつき、求人の紹介や面接の対策をレクチャーしてくれます。

ウズウズカレッジでは、過去に同じ会社の選考を受けた先輩受講生からのフィードバックを参考にすることができ、「未経験者歓迎」の企業のみを紹介してくれるので安心。

ウズウズカレッジの経営母体は人材紹介会社なので、「エンジニア志望の未経験者」と「IT企業」がWIN & WINの関係になれるマッチングのノウハウも持っています。

創業以来、20代の就活サポート実績は18,000人以上にもおよびます。

ハンプティダンプティ
ハンプティダンプティ
CCNAの資格をひっさげ、ウズウズカレッジの紹介する企業の面接にのぞみたいね。

ウズウズカレッジは、日本経済新聞をはじめ、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞、NHK、AERA、クローズアップ現代など、数々のメディアに取り上げられ、求職者、企業双方から高い評価を得ています。

ウズウズカレッジは、エントリー書類の添削や面接の対策もお願いできる

ウズウズカレッジでは、よりきめ細かい就職のサポート(キャリアトレーニング)を受けることもできます。※オプション

IT企業へのアピール力抜群の「エントリー書類(履歴書や職務経歴書)」の作成、2種類の面接対策(どの企業にも通用する一般的な「面接対策」と、志望する各企業ごとにカスタマイズされた「面接対策」)等のレクチャーを別途依頼することも可能です。

ただし、キャリアトレーニングには、別途オプショナル料金が発生するため、無料個別面談時にウズウズカレッジまでお問い合わせください。

ウズウズカレッジはCCNAに関する無料コンテンツも充実

ウズウズカレッジでは、おもに20代のインフラエンジニア志望者に向けて、YouTubeで有益な情報を無料で公開しています。

上に紹介した動画だけではなく、『UZUZ就活チャンネル l 20代のキャリアをもっと魅力的に!』というチャンネルを運営し、多くの動画を公開していますので、インフラエンジニアがどのような職業なのか予習してみましょう。

また授業の雰囲気もおわかりいただけると思います。

ウズウズカレッジユーザーの声

ユーモアをまじえた明るく楽しい授業、おまけにとてもわかりやすい。

もちろん、ウズウズカレッジでは、無料YouTube動画よりグングン踏み込んだ濃い内容になります。そして、マンツーマンの個別指導だから、CCNAの資格取得がより身近なものに感じられますよ。

チェシャ猫
チェシャ猫
YouTube動画のリスナーのみなさんも、『わかりやすい』と、とても喜んでますよね! 

ウズウズカレッジ、CCNA資格取得コースの料金は?

受講料は、200,000(税込:220,000円)となっています。お支払方法は、口座振込(一括)とクレジットカード(一括・分割)。※ CCNAの受験料が別途発生※ 2021年8月現在

ウズウズカレッジによるサポート期間は1か月~3か月。駆け足で全カリキュラムを終了することもできるし、じっくりと学ぶこともできます。もちろん料金は変わりません。

220,000円(税込)という金額は、20代にとってはかなり高く感じるかもしれませんが、CCNAの資格取得はもちろんのこと、インフラエンジニアの就職までがっちりサポートしてくれるITスクールは他には見当たりません。

しかも、低賃金、長時間労働、セクハラ、パワハラが横行するブラック企業はウズウズカレッジが完全にシャットアウト!先輩受講生たちからの貴重な情報がストックしてあるのでご安心ください。

アリス
アリス
以前勤めていたブラック企業で嫌な目に合い、しばらく就職できなかった人にも自信をもっておすすめできるスクールです。

昨今のコロナ禍で、未経験者のニーズが冷え込んでいるのはどの業界も同じ。そのなかで「インフラエンジニア」は、リモート化、5G化によりますます需要を伸ばしつつあります。

未経験者は、資格が命!ウズウズカレッジで、世界的に通用するCCNAの資格を取得し、不況下にも強く将来性もあるインフラエンジニアの職を手にしましょう!

IT業界への転職成功への近道は、インフラエンジニアの登竜門「CCNA」資格取得

転職成功イメージ

セクハラ、パワハラが横行するブラック企業からの脱出は、資格の取得が早道。資格さえあれば、自分で仕事を選ぶことができます。

将来性のある仕事といえば、インフラエンジニア。IT業界への転職を望んでいるのなら、「CCNA」は、絶対に取得しておきたい資格ですよね。

無料個別相談会に参加して、あなたの夢にグンと近づきましょう!

関連記事